スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

満開の名残 

西荻窪のT大学内にて。20060421211812

素晴らしい大木なので、満開時はきっと
大迫力だったことでしょう!

さて、先日のわらく練。
宮崎のカフェで演奏予定の
『碧い月の神話』。
担当パートも決まりました。

各楽章の流れはだいたい掴めてきたのですが
じつは作曲者の指定のテンポ(速さ)には
まだまだ及びません…(汗)

いや、もちろん、テンポにとらわれるよりも
先ずは音楽!

もっともっと
『碧(あお)』や『宇宙(そら)』
のイメージを膨らませて
わらくなりの描写が出来るように探求します。


『楽譜』
というのは、何だか
『文章』
に似ていると、最近思いました。

おおまかな道筋は作曲者によって楽譜上に示されてはいますが、
文章の、いわゆる
『行間を読む』
という作業が、楽譜の譜読みにも当然必要になってくるわけです。

絵本のように『挿絵』が入っていない『本(文章)』では、
それを読む人の想像力によって
主人公の描写は勿論のこと
ストーリーの捉え方や感じ方も千差万別。

演奏者の解釈が作曲者のそれとあまりにかけ離れることにならなければ
『各々の自由な発想』
で良いのではと私自身は思っています。

それは、わらくの中でも同じこと。
音の動き、響きの中に感じる各々のイメージは
例えば『花』という題名の曲なら、おもい描く花の種類は様々。
それらが『フルート』というフィルターを通して、
重なり合ったり混ざり合ったりして、わらくなりの表現に繋がるように……

多くの、そして豊かなイメージを描けるように
日々、『五感を磨く事』を怠らずにいたいものです。

これからも、わらくの様々な『音の花束』を
皆様にお届けできたらと願っています♪



ランキングに(こっそり)参加中です♪
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

[2006/04/21 21:18] 雑記 | トラックバック(-) | CM(3)

こんにちは!

わらくの皆様・・こんにちは!栗田です。先日の Six in the Village vol,1 のコンサートで、Solid Silvers で「和楽」をオープニングに演奏させて頂きました。お客様にもとても好評でしたー。またいろいろな機会で演奏させていただきます!取り急ぎ御礼まで!

Best wishes

Kuri
[2006/04/24 13:08] kuri3207@aol.com Kuri [ 編集 ]

ありがと~♪

栗田君、お久しぶりぶり~
田口どす。
さわかさんを通じて栗田君の事を聞いてましたヨ
和楽、演奏してくれてだんけちゃん!
おばちゃん嬉しいよ~
ありがとぬん
[2006/04/24 23:55] たぐ [ 編集 ]

栗田くん、演奏会お疲れ様!

和楽、演奏してくれてありがとう!
(聴きたかった!)

これからも同じトリオどうし、
三重奏の世界を開拓してゆきましょう♪
メンバーの皆様にも宜しくお伝えくださいね~

PS.たぐおばちゃんは今回が
『初・コメント書き込み』
だったようです(爆)
緊張ぶりが文面に?!(笑)
[2006/04/25 00:45] わらく [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。