スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

色盲の方の御意見を読んで 

本日付の朝日朝刊14面より
記事を寄せられた北角さんは『赤緑色盲色神強』と言われる
『色弱』の方よりも強い色盲だそうです。
例えば、もうすぐ桜の季節ですが、染井吉野(ソメイヨシノ)桜が
ピンク色だとお知りになられたのは20歳の時だそうで、それまでは
桜は全て『白色』だと思い続けておられたそうです。

投稿は一般社会における色盲の方たちの不自由さにふれ、
社会環境設備を促すものでした。

健常者の立場からはなかなか実感が湧かないのですが、おそらく
そういう方々にとっては暮らしにくい社会なのだと思います。

色盲の方の不便さを私が実感したのは地下鉄でした。
10年以上東京で暮らしている私にとって地下鉄は『足』。
当然、JRや私鉄と合わせてすべての地下鉄を普段利用しています。

そして、当然ですが『乗換え』をします。

その『乗換え』の際。
皆さんは何を目印に乗換えますか?

私の場合。
各線の『色』です。補助的に『路線名』でしょうか。

例えば…
丸の内線は? ……『赤』
日比谷線は? ……『グレー』
千代田線は? ……『緑』

路線名を聞くとすぐに色が思い浮かび、それを目印に動いたりしてませんか?
字を読むより、とても便利だと思いませんか?

そのことについて別の色盲の方が文章を寄せいてたのを目にして
私は初めてその便利さ(色盲の方にとっては不便)に気付いたのです。

街中に段差がある=車椅子の方にとって不便、など、
割と気付きやすい(目に付きやすい)不便さに比べると、
こういったケースはまだまだ知られていないのかもしれません。

すべての人にとってのバリアフリーな社会を築けるよう
様々な方の意見に耳を傾けることがとても必要だろうな、と感じた次第です。
スポンサーサイト

[2006/03/18 20:03] 雑記 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。